RSS読者限定

お子様には両親から率先して政治や経済の話をすることが大切です。そうでないと子供は偉くなりません。なぜかというと、、

投稿日:

政治や経済に関心が無い両親はリーダーシップにも関心の無いケースが多いと言われています。権力やお金、戦略などが入り混じった行動が政治や経済というものです。そこで活躍するのが社長や首長などのリーダーです。その行動に興味が無い両親の家庭で育つお子様はリーダーシップに興味を持たない状態で育ちます。お子様が大きくなって社会で成長していくにはリーダー力や統率力、チームワーク力が必ず求められます。お子様がリーダーシップの関心がなくなって、常に平穏無事で過ごすことが一番いい、というふうに考えるようになりますと、お子様の実行力が弱くなりますし、お金を稼ぎませんし、クリエイティブな発想もしなくなります。良いにしろ悪いにしろ、両親が積極的に政治や経済に興味を持って、建設的な視点を持ってリーダー(政治家や社長)に意見する。そんな両親を見ているお子様は頭が良くなります。そういうご両親を見ているお子様は自然に育っていくと思います。お父様もお母様も疲弊せずしっかり政治や経済について勉強しないと日本は良くなっていきません。税金を子供の世代に残すのもマズイですが、頭の悪い子供を後世に残すのもマズイです。すべてが私達(両親)の手にかかっていますので、きちんとお子様の成長を考えながら両親は行動していかないといけません。よろしくお願いいたします。

Copyright© 樋口研究室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.