オフィスでの一日

イタリア人の心は三密(さんみつ)で出来ていることが良くわかる本。

読書しました。この本には、イタリアで生まれてイタリアで一生を過ごして、そして世界一に到達した人々が登場します。その職業は「靴磨き」とか「水上タクシー運転手」「自転車の製造」「生ハム職人」「ビール醸造」「セーター(カシミア)作り」「板金職人」「修復(絵画)師」「パパラッチ(スクープ写真)」などなど。彼(彼女)らにその成功の秘訣を尋ねるとみな同じことを言います。それは「自分の幸せは自分でつかむこと」「家族を大切にすること」そして「相手に最高のサービスを提供すること」だそうです。この本を読むとイタリア人の心には、熱い気持ちや激しい情熱、厚い絆などの「密閉」とか「密室」「密集」の要素が強く流れている様子がわかります。

© 2020 樋口研究室のコーチング Powered by AFFINGER5