RSS読者限定

上司が納得する「会社の目標設定のやり方」というのがあります。どうすればいいかというと、、

投稿日:

それは、あなたのステークホルダー(上司やお客様)の行動をしっかり観察して、相手が「成功する」とか「成功させる」ように目標設定することです。あなたの会社の社長や部長は毎回、同じことを言っているとか、繰り返しているとか、言っていることがすぐに変わるとか、そう思っていたりしませんか。もしそうだったら、そういう考え方は、ちょっと脇においといて、少しだけご自身の行動とか発想を替えて、上司やお客様の目標に、ご自身の目標を合わせてみて下さい。会社からお給料をもらうということは、会社のタメになる仕事をするということです。それは上司やリーダーの行動を成功させる(会社に貢献する)ことであり、結果的にそれが社員(従業員)の役目でありミッションです。これを明確に宣言するのが目標設定シートとかチャレンジシートというものなのです。このような「会社の仕組み」をしっかり頭に入れて、これから目標面談シートや業績考課シートを書くようにしましょう。自分の将来のことばかり宣言するのが目標設定ではありません。そんなふうに、あなたが目標設定を出来るようになってきたら、あなたの評価は自然に良くなってくるように思います。

Copyright© 樋口研究室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.