RSS読者限定

社長にとっておトクでない会社の仕組み。それは、、

投稿日:

国とか行政は、雇用の維持とか促進施策、盛んに考えられていますが、会社の社長のビューから見ると、ツライものがあったりします。日本は一度従業員を雇ってしまうと企業や会社の都合で解雇しにくい状態になります。それに加えて社会保険も従業員と折半して出す必要がありますし福利厚生も考えてあげる必要があります。会社の売上げとか案件が減ってきている状況で、従業員(正社員)の身分はとても有利、とか考えて仕事をしているだけの従業員に対して会社が手厚い保障を与えるのは限界に来ているかもしれません。これからは会社の利益に直結しない作業をしているとか、意味無く高い給料をもらっている人はどんどん少なくなっていくような感じがします。会社に守られた正社員を狙って頑張るということももちろん大切なのですが、これからの時代、ご自身がひとりになった時にも、おひとりの力で勝負が出来るとか生きていけるキャリアを作っておくことがもっと大切なような感じがします。まず最初はアルバイトやパート、派遣、契約社員でもいいので、しっかりとキャリアは自分で築くものだと意識してその延長線上に乗って仕事や作業をスタート継続させていく。そしてそこから正社員とか起業、独立の道を狙っていくことが大切だと思います。樋口研究室はしっかりとご自身のキャリアを設計や開発、運用したいと考えている方々を一生懸命サポートしています。ぜひ樋口研究室を活用してほしいと思います。

Copyright© 樋口研究室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.