RSS読者限定

涙の人員削減。「寄らば大樹の陰」からの脱却。どうすればいいか、、

投稿日:

マスメディアではSHARPやパナソニック、NEC、リコーなど企業の人員削減の報道が盛んに流れています。これほどの人員削減をやるには、リストラを「する」側も「される」側も大変です。会社に残る側に着いても、そのまま定年まで在籍出来るのかどうか不安が残るでしょう。会社を去る側に着いても、加算金をもらって退職してその後どうやって勝負していくのか問題になるでしょう。こういう未来が不透明な時代では、ご自身のキャリアが「どんな状況に陥るかわからない」そう考えて、常に自分の武器(お金を得るためのネタ)を作るとか、揃えるとか、考る作業を始めることが大切なように思います。もちろん会社の仕事を遂行することは大切ですが、ご自身の将来を考えて、ご自身の武器を見つけて磨いておくことがもっと大切なように思います。毎日ドタバタして仕事に振り回された状態で、5年とか10年過ぎてしまって突然、会社が無くなるとか合併、リストラになった時、何も考えていない状態だったら、かなり困ります。だから出来るだけ早く準備作業に入ることが大切だと感じます。あなたご自身の「スキル」や「経験」「アイデア」「商品」「価値」それらが在るのか無いのか。ぜひ考え始めてほしいと思います。「寄らば大樹の陰」からの脱却。勝負しないといけなくなった時に使える武器。しっかり考えて、磨いておくようにしてください。よろしくお願いします。

Copyright© 樋口研究室のビジネスコーチング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.