オフィスでの一日

読書しました。模索に入った5G。一体どう使えばいい電波なのか。

1.読書しました

この本には、将来に向けて5Gがどのように生活に関係してくるのか、詳しく解説されています。

とはいえ、5Gの普及については、いくつかの、かなり難しい障壁があることが、わかりました。

2.スマホはあるけどアンテナ(電波)がない

感染症が、落ち着くのか、落ち着かないのか、それがまだ不明の、2020年の10月。スマホや携帯電話のキャリアが、新しく売り出す製品は、ほとんどが高速の「5G」対応を、うたっています。

だったら5Gって、どれぐらい便利なの?試してみたいのですが、東京も大阪も、アンテナがほとんど整備されていないのが、現状です。

ですので、現時点では、新しいスマホを買えば、5Gの電波は使えるけれど、その電波が飛んでいなくて、5Gの機能は、宝の持ち腐れになってしまうのが、現状です。

3.新しい5Gを競技場にたとえてみる

スマホで動画を見る時に、ダウンロードの速度が5倍になる。そういうことが5Gのメリットと言われていますが、ストリーミングで見るYouTubeの動画や音楽データは、現状は、それほど、問題が起きていないようですね。

この本では、5Gのメリットは、速度だけでなくて、低遅延とか、大量同時接続が出来るところが、おおきなメリットだと、解説しています。

そういった使い道は、車の自動運転や、手術の遠隔操作、建築機器の自動オペレーションに、活用されるといいます。

なかなか、今の時点では、それがなぜ5Gがいるのか、ピンとこないですね。

4.どう使うか5Gを普及させる人の腕次第

この本でわかるのは、5Gを陸上競技のフィールドにたとえると、現在のスマホの電波が、5Gに変化していくということは、200Mのトラックしかない競技場が、ランニングだけでなく、走り幅跳びや砲丸投げなど、数多くの種目を収容できる競技場に、変化していく、ということが、わかります。

スマホの需要が爆発して、アプリだけでなく、定期券やキャッシュレス決済、IDカードとして、普及したように、その活躍する電波のフィールドが、超高速で低遅延で大容量で同時多数接続ができるフィールドに変化することが、スマホで5Gを使うということです。

5.まだ存在しない5Gアプリ

現時点では、この5Gをフルに活用した、アプリや使い方が、無い状態です。

ですが、既存のスマホの電波で、それでいいやと、満足していると、将来の高度なビジネスの変化に、付いていけなくなると、いいます。

まずは、これからのスマホのアプリは、5Gのフィールドできちんと動くようにして、それから、5Gの付加価値を発揮できるスマホの使い方を、模索していくことが重要だと、この本は、記述されています。

この本を読んでみて、5G活用の道のりは、まだ長いだろうなあ、、という感じが、しました。

 

 

© 2020 樋口研究室のコーチング Powered by AFFINGER5