RSS読者限定

60歳になっても、65歳になっても、働ける(自分でお金を稼げる)ようなキャリアを作りましょう。なぜかというと、、

投稿日:

それは「定年」というのは、会社(あるいは国の社会保障)があなたの都合に関係なく「勝手」に決めている仕事のリミット(終了期限)だからです。今や私たちは70歳でも80歳でも元気ですので、仕事の終了期限というのは存在しません。身体や脳がしっかりと動く間は、きちんと働いて、みなさんに喜ばれるような仕事を続けていかないといけません。でもそんな歳を取っても人に役立つ仕事が出来るとか、自分の力でお金を稼いでいけるのか、ちょっと不安があるかもしれません。そんな不安から脱却するポイントは、できるだけ早い時期から(出来れば30歳ぐらいから)、ご自身が長い人生の仕事や生活の設計(キャリア設計)を考え始めているかどうかにかかっているように思います。毎日をいつも真剣に考えて仕事や生活をしている人は35歳とか40歳、45歳、50歳というふうに年齢を重ねるに合わせて少しづつ考え方や行動の成果が出てくるように思います。ですから出来るだけ早いうちから歳を取っても自分でお金を稼げるような仕事は何か、そんなキャリア設計をスタートさせることが大切だと思います。会社を辞めないといけない時になって「ああ、私は今まで何をしていたんだ!?」とか言って戸惑ってしまわないように、今からしっかりとご自身のあるべきキャリアの姿を考えながら行動するようにしてほしいと思います。よろしくお願いします。

Copyright© 樋口研究室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.